コンバイントラブル

(20191011)


酒米の稲刈りがもう少しで終わるという時トラブルになった。
イノシシが踏み込んだ田んぼの稲を刈ると
こんな症状になる。
噛み込んだ稲はガチガチになっていて簡単にはとれない。
復旧には時間がかかるのでそのまま車庫に連れ帰った。
今日は稲刈をしないで籾摺りだけをする日なので
朝から復旧に取り掛かった。
台風前の晴れで稲を刈ればよいが
二台の乾燥機の中にはヨットのおじさんのコシヒカリと
昨日刈った酒米が満杯だ。


最初は抜き取れるスペースから一本二本と徐々に
抜いていく。
ガサッと取れるまでは時間がかかる。
全部取れたらこれだけの量が出てきた。

原因は踏み込まれた稲だと思うが刃が切れなくなっているか
送りベルトの緩みがあるかもしれない。
台風通過後は点検してから再出発しよう。

明日は台風の影響があるだろうが集落のお祭りの準備がある。
役員を交代した年に順番が回ってくるようになっている。
土日は自転車操業を止めてゆっくりしようと思う。

コメント

このブログの人気の投稿

初釣り

バーンアウト

白米選別機