コブノメイガ発生

(20191018)


今週の稲刈りから小さな蛾が目立つようになった。
一つの田んぼの刈り終わりになると蛾が真ん中に
集中して舞い上がる。
写真を撮っても表現できないので機械に集ったものを写した。
運転していて異常だなと思って調べたら幼虫が茎の中を食い荒らして
減収すると書いてある。
前半のコシヒカリではウンカがいるなとは思ったが
坪枯れたようなところはなかったので被害は免れたと思っていた。
酒米も坪枯れはしていないがたまに枯れたような稲を見かける。
コシヒカリも酒米も一見してよさそうな稲姿だったが
実際にはあまりで出来がよくない。
気象とイノシシのせいにしていたが害虫のトリプルパンチという
線が濃厚になりつつあるなと感じている。

昼前から雨が降り出した。稲刈りをしないで籾摺りをしたので
メインの乾燥機が空いた。
晴れればいつでも稲刈りに取り掛かれるので
気分に余裕ができた。
雨がしっかり降ってくれれば
公害のように排塵が積もった乾燥機の排風ダクトの周りを洗い流してくれる。
被災地は別としてたまには雨もいいもんだと思う。



コメント

このブログの人気の投稿

初釣り

バーンアウト

白米選別機