最後の田んぼ

(20191023)


昨日の半端を片付け最後の田んぼが二枚のあるところにきた。
田植から4か月と1週間が経っている。
僕の家の前とここは唯一イノシシの入っていない田んぼだ。
田植(20190619完了)も稲刈りも毎年ここを最後にしている。
出来も良さそうに見える。
苗が余りそうなので本数を増やして植えたのがよかったようだ。
そういえば種籾の説明文に多くした方が
良い結果となると書いてあった。
何年もこの品種と付き合って分けつしにくいことは承知している。
倒れたり病気の発生が怖かったので控えめにしていた。
来年は素直になって苗を増産して物量で勝負することにしよう。
コンバインの写っている田んぼの面積は15a、右は45aある。
45aは僕が耕作している面積では最大になる。
日照もよいし用水もたっぷり、長方形で形もよい。
僕の田んぼではないがこれほど条件の良いところはないと思う。
僕が耕作を止める時になれば争奪戦になるのは間違いないだろう。


この田んぼの刈り取りを丸ごと残せば出来具合によっては
乾燥機に入らない可能性がある(そうなってほしい)。
タンク一杯分を刈って今日の稲刈りは終了した。
次の稲刈りは条件が良いので3時間もあれば済むだろう。
ぐるりと回った感触では今年の気象状況をからして
上出来のように感じる。
今までの田んぼとは明らかに差がある。
負け続けた連敗に最後一矢報いた格好になったら嬉しい。
関東の球団のように負け続けて終わりたくはない。

コメント

このブログの人気の投稿

初釣り

バーンアウト

白米選別機