フイルムで包んだ

(20191008)


朝になって雨は止んだがいつ降ってもおかしくない状況だった。
9時頃までに搬入しなければならないが途中で降られてはかなわない。
大きなシートはないので
ストレッチフィルムを巻いて天井だけにシートをかけた。
検査場の軒下が空くのを見計らって運んだが
準備がいい時はあまり降らないもので
霧雨に少しあったくらいだった。

空耳だったか検査員から特等というような声も聴いたが
検査の結果は1等でフレスタ米のハンコが押してあった。

明日はアルバイト稲刈りの籾摺りの残ったものを済ませて
酒米の稲刈りを始める。
乾燥調整ラインは品種が全く異なるので全部掃除をしなければならない。
たちまちコンバインと運搬コンテナ、受け入れ乾燥機の掃除だけをして
台風襲来前までできるだけ酒米を刈り込む。
雨の間に籾摺りラインを掃除して石抜機は必要ないので取り除く。
順調に行けば日曜日の集落の祭りは楽しいものになるだろう。

コメント

このブログの人気の投稿

初釣り

バーンアウト

白米選別機