病院めぐりⅡ

(20200110)


県北最大の市立三次病院を受診した。
10列以上ある駐車場は満杯で
一番遠くの隅に車を止めることができた。
入院したこともあり昔から世話になっている病院だが
こんな駐車場の状況は初めて見た
体調不良を見てもらうためだが飛び込みでは初診料が別途いるので
ドックの結果を出して紹介状とする作戦を立てた。
上手く内科の受診となったわけだが
何故か無呼吸症候群の治療ということになった。
ドックの健診結果はアルコールによる中性脂肪がオーバー、
空腹時血糖とHbA1cが上限という内容だったので
受診内容は循環器内科と思っていた。
見てもらいたいと思った内容でないので
問い合わせたらこの程度の数値であればで要観察であり
紹介状にはならないということだった。
健診結果に書いてあるのをよく見ると受診指導は無呼吸だった。
仕方なく血液検査はできなく
無呼吸の検査器具を付けて
一晩寝ることになった。
明日は検査器具(メモリーに結果が入っている)を病院に返しに行く。
三日連続で三次市に出かけることになった。
自分の住んでいる市の中心にまったく近寄らないで
三次市まで行ける。
こんなことではますます庄原市が錆びれる。
お買い物は庄原市でして帰ろうと思う。


コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

週末は巣ごもり