色選機

(20200130)


小雨の中屋根の修理が済んだので色選機の掃除に
取り掛かった。
蓋を開け米を選別するところを写した。
上から米が落ちてきて下側にある強力なライトを当て
一瞬で不良米を見つける。
その下にあるのがインジェクターノズルで
不良米や不純物を一瞬で吹き飛ばすのである。
秋に使う機械でコンバインに次ぐ高い機械である。
この機械が200万円以上するというと
みなさんビックリされるがその価値は十分ある。
一度インジェクターノズルを簡単に取り外しができたので
掃除をしたら絶不調になった。
昨年のOHの際サービスマンに聞いた話であるがインジェクターだけは
照準が狂うので取り外してはいけないということだった。
「取り外し厳禁」ぐらいはどこかに書いてほしかった。
OHは大成功で調子は絶好調になった。
この精密機械の寿命は約千時間。購入から10年近く経過したが
積算時間は300時間ほどだ。
単純計算でいくと耕作面積は増えているので
僕の農業寿命とほぼ一致するのではないかと思っている。
色選機さんともに頑張りましょう。







コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

くず米選別

週末は巣ごもり