旅に出る

(20200204)


秋作業の機械で一番最後になった石抜き機を
掃除した。
石抜き機は籾摺り作業中に玄米の中から石を取り除いてくれる。
溜まった石は数時間に一度自動で吐き出してくれる。
今年は多いと思っていたが最後に残ってる石を
機械の中から取り出した。
これだけ出てくるということは相当な量を田んぼから
持って帰ったということだろう。
普通は持って帰ることはないが
イノシシが入った田んぼを刈るとこんなことになる。
元はもっと大きな石も入るのだがコンバインの中で
小さく砕いてしまうので大きくても1㎝ぐらいになっている。
コンバインの中の塵切刃は石でズタズタになっているだろうから
来シーズンは全部取り換えて作業を始めなければ
いけないだろう。

ようやく作業場の機械が全部済んだ。
残るはコンバインとトラクターが残るだけとなった。
大型機械は水を使って洗うので真冬にはできない。
ということで目標としていた冬の作業が済んだので
九州に向かって旅に出る。
車中泊の準備は不足しているしインサイトでは
狭くて寝苦しそうだ。安いホテルが見つかれば
それに越したことはない。
とりあえずカープがキャンプしている日南方向に
向かって朝早く出発することにする。



コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

週末は巣ごもり

くず米選別