癖になる感覚

(20200307)


午前中良い天気だったのでシイタケの原木を山から持ち帰り
駒菌を打ち込んだ。
高速ドリル(専用ドリルがある)で穴を空け駒を入れて
小さい金槌でポンとたたくとスコンと入る。
表現は難しいが連続で入ると意外と癖になる感覚で楽しい。
孫にやらしたらしばらくは喜んで遊んでくれそうな感じだ。
年数の経った太い木だったので樹皮も厚い。
菌の回りが悪そうなので少し多めに打ち込んでおいた。
調子が良ければ来年の秋には収穫にありつけるだろう。


榾木を山に持って行ったら前回残しておいたシイタケが
食べ頃になっていた。
飽きるほど食べているので僕の血中コレステロールは
正常になっているだろう。


コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

週末は巣ごもり

くず米選別