2回目の種まき

(20200419)


雨が続いて田んぼに入られそうにない。
家の前の田んぼも水が溜まったままだ。
早い農家は雨に乗じて代掻きを始めた。
僕も田起しをしないといけないが鋤では歯が立たない。
というか鋤の刃が喰い込んで前に進めない。
それでも田起しは少しづつでもしていかないと代掻きができない。
鋤も車輪もローダーも外して普通のロータリーだけを付けて
身軽にしてから田んぼに入ることにした。
初めからそうしとけばよかったと思うが
硬い田んぼを鋤で気持ちよく耕したのを忘れられなかった。
一度味わった感覚は忘れられないものだ。

イベント用に残しておいた種籾の種まきをした。
100箱を目標にまいたが実績は95箱になった。
少し厚まきになったようだ。
苗が足らないようであれば田植機で植え込みを調整しながら
植えれば不足することはないだろう。
まいた苗箱は出芽機の余裕スペースに入れたのだが
先日入れた箱からは白い芽がポツンと見えた。
出芽が遅れていただけで失敗はしていないようで助かった。
予断は許されないが今のところ
苗の神さんありがとう。


コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

週末は巣ごもり