?ザウルス

(20200530)


先日倒した木の枝を片付けに行った。
イノシシ柵を壊して田んぼに倒れかかり代掻きに邪魔になるので
忙しいのだが仕方なく時間をとった。
どういう木かは知らんが河川敷に生えている。
真っすぐ上に伸びないで曲がったまま大きくなった感じ。
根元は直径2mはありそうな巨木で根元から3m立ち上がって
曲がったところで二股になっている。
切った断面は真っ白、表皮は首の長い草食恐竜の肌感である。
筋張ったところもリアルで気持ち悪い木だ。
冬に持って帰り加工して遊ぼうと思ったが
とても5トン未満のパワーショベルでは重くて吊り上げれそうにない。
切り刻もうにも僕らのチェンソーの20インチバーでは
歯が立ちそうにない。
燃えるもんなら細い所を持ち帰り風呂で使えばよいが
僕の家に木は有り余るほどある。
どうするか想像を膨らませただけで遊ぶのはこのくらいにしよう。

イノシシ柵を倒した被害は思ったより少なかった。
めんどくさいなと思っていたので気分は少し楽になった。

代掻き真っ最中だが欲しいだけの水が来ない。
代掻きを済ませて一気に田植と思ったが
田植と代掻き交互の作業になる。
まあ一人作業としてはこの方が疲れが少なくて済むだろう。
今週なかごろから田植を始める。



コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

くず米選別

週末は巣ごもり