池と田んぼ

(20200508)


池の横にある田んぼの代掻きにやってきた。
ここの田んぼの水源は背後の山の間から出てくる谷水だ。
(20200427)に鍬で作った水路から水が来る。
池に水を入れオーバーフローした水が田んぼに入るようにしている。
僕の家は右上の屋根の見える方向の谷底のような所にある。

こんな所にも大きな機械を入れ耕作できるのは
30年前だろうかオーナーが国の補助制度を使って
田んぼの区画整理をしたからである。
今ではコメは余っているので補助は無くなっている。


ここに来ては池を眺める時間が好きだ。
水温が低い時は池の底に居たメダカも上の方に浮いてきた。
池を100円ショップの網でガサガサやるのが面白い。
今日はエビもドジョウも見なかった。
入るのは気持ちの悪いイボカエルばかりだった。
アカハライモリも気持ち悪いがこいつはどこにでもいて
繁殖力も強い。
最後に今では貴重になった大きなトノサマガエルがいた。
綺麗な色をしている。
沢山いるこのカエルも絶滅危惧一歩手前というから
農薬の入らないこの池はますます貴重になった。






コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

週末は巣ごもり