セイダカアワダチソウ

(20200623)


草刈後半のきついところまで刈り進んできた。
ここは右に深い水路があり道路の路肩も僕の担当だ。
長さも100m以上あるので始めるまでに
しばらく眺めて意を決して取りつく。
左の畔側は田植前にトラクターのスライドモアーで
刈っているので短いが
届かなかったところのセイダカアワダチソウ
(機械の前面)は軽く1mは越えている。
昔この辺では見なかったが
最近ではよく見るようになってきた。
管理人がいなくなると大変なことになるのかなと
思ったりもする。
昨年までは80cmのハンマーナイフで刈っていたが
今年は60cmで刈っている。
幅が広い方がよいのではあるが
向こう側に行っても方向転換する場所はない。
畔が高いので田んぼや水路に機械を落としでもしたら
人力ではとても持ち上げられない。
刈ってみて軽くて取り回しが良い60cmを
使ったのは正解だった。

今日の歩数はハンマーナイフについて歩いて8千歩を越えた。
草刈ばかりではないが距離にして6kmということになった。
ゴルフでいうワンラウンド分だ。
明日からはここを含めた3枚の田んぼ約1ha分の畔を
肩掛け式で刈る。
これが済めばようやく一息つけることになる。

コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

週末は巣ごもり

くず米選別