大きいのは警戒している

(20200627)

(Windowsでないと見れないかも)

子供は警戒無しで箱の中に入るが親は
警戒している。
三日分を分析したが親は入口にさえ行こうとしない。
このまま様子を見るか迷うところだ。

物置の入り口に餌になる糠やくず米を置いていたら
カラスに袋を破られた。
荒されようからタヌキでも夜に来たかと思ったが
入れ直した袋が昼間に荒らされたのでカラスとわかった。
カラスは人間の動きを見ているので油断も隙も無い。
トラクターは動きが遅いので近くに行っても
逃げもしないナメた状態だ。
猟友会が駆除をするときはカラスが一斉にいなくなる。
冗談で猟師が皆言っている。
銃を使うので放送があるのを聞いていると。
猟師のベストや軽トラのアンテナなどを見ていると思うのだが
あなどれない。


道路横の畔草の焼け跡から空き缶が出てきた。
ちょくちょく暇な車が通るが通るだけなら公道なので仕方ない。
人の気持ちなんか考えないが
自分の健康だけは考えているんだろう。


ある日の早朝、信号待ちで置いたのであろうか
悲しい場面に出会った。
礼儀正しくそっと置いたのか日本人も色々いる。




コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

週末は巣ごもり

くず米選別