バックホウに感謝

(20200720)


大量のゴミを除くためバケットの手前に爪を付けた。
長い物でもつまめて処理できるので便利なものだ。
太い木を切った時にも使える。
水路の下流には軽い葦やら立木竹が溜り
細かい粒子のヘドロが溜まる。
上流に行くほど砂から砂礫になり段々大きな石になる。
バケットはつまむと同時に土もすくえるが土砂だけになったら
爪が邪魔になるので折り返してアームに収める。
下流側のゴミやヘドロは取り除いたので
バケット仕様にして明日以降土砂を取り除く。
それにしても物凄い量だ。
昔だったら水路関係者10軒くらいで何日もかかる作業だっただろう。
バックホウに改めて感謝しよう。

ここではヌートリアには出会わなかったが
朝方200m下流で草刈りをしていたら出会った。
イノシシ柵があるので袋のヌートリアになった感じで
まじまじと見た。
ネズミの仲間というから出っ歯で白い立派な髭が生えていた。
ネコぐらいの大きさで逃げ足は速く
追いつくことはできなかった。
水路の周辺にはかなり長い間生活した跡がある。
人間も災害でもない限り近づかないし
直ぐ上にあるイノシシ柵をくぐれば田んぼがあるので
良い環境だったんだと思う。
ヌートリアはコンクリート護岸の中では生活できない。
水路に柵はできないのでまた元のところに帰ってくるだろう。
長い付き合いになりそうだ。

コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

週末は巣ごもり

くず米選別