酒造りも夢ではない

(20200729)


雨の止み間に動噴を運び修理箇所を洗った。
やってるうちに土砂降りになった。
庄原市のどこかで時間雨量60mmだから災害級だ。
びっしょり濡れて逃げ帰った。


雨の中注文していた酒が配達されてきた。
一番上にある「どぶ」は配達した人が要冷蔵とわざわざ注意してくれた。
冷蔵庫から出してきたようで冷たく汗をかいている。
半分くらいは白い澱みがあって本物のどぶろくなんだろうと思う。
今夜はどぶろくで乾杯しよう。
待てよ、生きている菌ならこれで酒ができるではないか。
秋にはこの酒を買って僕の酒米で酒造りができるのも夢ではないだろう。


夕方になりようやく雨が止んだ。
下駄をはめるためグリスを出し入れするニップルのところだけは
外そうと行って見た。
朝のことを思えば水嵩も増している。
泥は落としてあるし、グリスが入っているところだから
錆はないので簡単にねじは外れた。
作業は明日以降にして待ちに待った夜になる。
TVを付けてチビチビやりながら観戦だ。
さて今夜はどうなるんだろう。
今夜負ければAクラスはないと思い戦ってもらいたい。

夜9時、とうとう今晩は中国醸造(廿日市)の「弥山」を飲んで最後まで野球を
見てしまった。
相手チームのスコアボード(ゼロ)を久しぶりに見た。
中日さんありがとう。昨日のことは忘れてあげよう。
明日もこのままでいてくれ。
い~一日だった。






コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

ブロードキャスター修理