戦端が開かれた

 (20200809)

ついに始まった。田んぼの周りを隈なく点検したが

何処からきているのは分からない。

柵を点検するが壊れた所はない。

出入りの所が特定できないと対策のしようがない。

時期を同じくして別の場所も入ったという情報がある。

コシヒカリの穂も出たし

いよいよ戦端が開かれたと言っていい。

箱罠を名人から教わったようにしているが

足跡も大きく長年にわたり人間の罠をかいくぐり生き延びてきた

イノシシだろう。

柵がダメなら電柵ということになるのだがこの田んぼは大きい。

単純計算でも周囲は300mを越える。

見逃しがあるといけないのでもう一度柵を点検してから

電柵を張ることにしよう。


コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

週末は巣ごもり

くず米選別