秋の風

 (20200818)

連日の猛暑日で刈り倒した草がよく乾いた。

太陽が隠れると燃えにくくなるので

午後3時過ぎから写真を写している家の方から火をつける。

少し伸びかかった草も焼けて

当分大人しくしてくれるだろう。

夕立も来ないので土地が乾燥しているのも

草にとっては悪条件のようだ。

畔草は風のある日にやれば稲が火傷するのでこの時期からは

自粛することにしている。

暑い中ではあるが草焼きは気持ちよいので止められない。


猛暑と言っても僕らのところは夜12時を過ぎると涼しくなる。

エアコンも昼から回すが温度設定を26℃のままでいると

午後8時ころから寒くなる。

窓を開けて寝るのだが午前二時になれば窓を閉めて

毛布がないと寝れない。

こんな時だけは住みやすい所だと思うことにしている。


赤とんぼが飛び始めた。早生品種の穂が色づき始めた。

もう少しで秋の風が吹いてきそうだ。


コメント

このブログの人気の投稿

ブロードキャスター修理

週末は巣ごもり

くず米選別