いずれ山に還るところ

(20200829)


同級生が稲を植えるのを諦めた田んぼの草刈をしている。

(屋根の右側)

手前の耕作をしていない草を刈った田んぼは

イノシシの運動場状態になっている。

稲が植えてあれば目を覆いたくなるような惨状であろう。

ここも柵に囲われているが山の中まで僕は見回らないので

何処から入ったかはわからない。

管理している同級生も稲に被害はないので

見回りはしていないようだ。


僕の田んぼは右上に見えるが谷を隔てているので

今年はまだ一度も侵入されていない。

マコモのある田んぼは屋根の右側にチラッと見えている。

山の中にポツンとある田んぼだから狙いやすと思うが

近くの箱罠で2頭成敗しているのが効いているのかも知れん。


毎日僕はこの位置にバイクで乗り付け田んぼを確認する。

入口に行って水平で見ると一番遠くの所に入られたら

遅れを取るのでいつもこの方法だ。

柵を開けて入り歩いて見回るのがめんどくさいのもある。

ここの収穫は9月の終わりごろになる。

もう一ヶ月無事でいてくれ。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

週末は巣ごもり