頑丈なところは足をかけやすい

 (20200916)


籾摺りの準備をしようと思ったが

どうしても昨日の田んぼが気になるので

だいたい出入りはこの辺かと目星をつけて行ってみた。

写真ではよく見えないが支柱と柵の上側が向こう側に倒れ

イノシシの腹の土が付いている。

柵が交差するところで廃トタンを押し付けるために

頑丈にしてあったのがイノシシにとって好都合だったようだ。

僕も向こう側の水路に行くのにもグラグラしないので

足をかけてまたぐのに重宝していた。

ここは道路から遠すぎる。

物資の搬入にも一苦労する。

いつのことになるかはわからんが防衛線を田んぼ側に移さないと

いけないだろう。

それより耕作放棄が目の前にちらつく。



もう一か所、高度な技術を持ったイノシシがいると呆気にとられた。

柵を飛び越えるので柵の上に電柵を張ったのだが

電柵を切らないでその下の柵を折り曲げて入っている。

助走をつけた勢いか押し曲げたかはわからんが

運動会の障害物競争が頭に浮かぶ。

物凄い手練れが現れたと思う。

攻防をしていても終わりが見えん。

稲の熟れ順無視で刈り取ってしまう手もある。

籾摺り準備を急ごう。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

週末は巣ごもり