乾燥機はリタイヤまで活躍する

 (20200930)


乾燥機の天辺にははしかや藁くずを取り除くトップクリーナーという

廃塵装置が付いている。

乾燥機が回っている間、常時働いているわけだが

廃塵ホースから風が出てこない。

詰まっているのかと上がってみたら

モーターが卵焼きができるほど熱くなて止まっていた。

冷ましてから分解してみると焼け着いたのだろうか

完全に固着していた。

ゴミが詰まって止まったのではなさそうなので

原因はわからない。

回らないモーターは熱くなるというのは学習できた。

固着したモーターを回そうとプラスチックの羽を

無理やり回したので羽も壊れてしまった。

紫外線に当たるわけでもないのにもろくなっている。

風化というのも恐ろしいものだ。

今回の故障は乾燥機の運転に致命的な影響はないものの

30年以上の前の機種で部品があるか心配した。

注文できたのはラッキーだった。

乾燥機は制御盤以外の部品は何とかなりそうだから

僕の稲作リタイヤまで動いてくれるとありがたい。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

ブロードキャスター修理