イノシシ目線

 (20201019)


籾摺りが順調で時間ができたのでイノシシが入って刈り取りを

しなかった田んぼに行ってみた。

柵には穴をあけ出入り自由なので残っている

稲穂をほじくり返して食べている。

相当な量が刈り残してあるので

今年も食糧難にはならなかっただろう。

イノシシ目線で見るとここに稲が立っていれば車(右上)が来て

人間が強力ライトをあてても見つかることはない。

昼間でもここまでパトロールはしてこないので

自由を謳歌していたことだろう。

僕の立っている両側には人家があるが高齢で農作業はしないし

出歩かないので人の気配も薄い。

僕が草刈に来ても年数回の事だからしれたものだ。

来年からは柵を田んぼの近くにしてバイクで見回れるようにしようと思う。

費用と手間がかかるが最盛期には

機動力で勝負しないと時間がいくらあっても足りない。

今シーズンがまだ終わっていないのに対策を考えていたら

気分が重くなった。

それでもやるしかない。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

安価で簡単電柵