昨年と同じパターンになった

 (20201207)


作業小屋の北側の増設をしておかないと

台風の北風をまともにくらうと吹き飛びそうなので着手した。

気温が氷点下になれば鋼管が持てなくなり

昨年難儀をしたのをすっかり忘れていた。(20191220頃)

屋根を5m前に出すために2mピッチで鋼管の基礎になる

アンカーを打ちこんだ。

微妙に角が出ていないが一人テープ測量なので仕方ない。

雪が降るまでに鋼管を立てて屋根ができればいいかなと思う。

間に合えば屋根屋さんに仕上げてもらう。

アンカーの穴は簡単に掘ることができるが

アンカーの打ち込みが上手くできない。

無理やり打ち込むとピンが折れてしまう。

全長100mmのアンカーだから少々打ち込みが浅くても

抜けそうにはないのでこのまま作業することにした。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

週末は巣ごもり