釣果は夕方にかけて上向いた

 (20210124)


二軒ほど配達したがさばききれない。

後二軒配る予定だがあまり多くても迷惑だろうから

いろんな料理を嫁さんが考えるだろう。

大葉を買っていたからなめろうも口に入るかもしれん。

ヨットのオジサンに連絡を入れたらもう一杯飲んで

めんどくさいので配達はスルーしろだって。

刺身を造ってもらい一杯飲もうと思ったが当てが外れた。

次にはヒラマサが釣れると思うから次回にとっておこう。


釣果は夕方にかけて遠投すれば入れ食い状態になった。

手前では一切釣れなかった。

遠投のできない嫁さんには申し訳ないが僕一人で楽しませてもらった。

時々サバが来るので面白いぐらい引いたが

焼き鯖にはちょっと小さめなので味噌煮か何かで食ってみよう。

前回の時もだが地元の爺さんが暗くなる前に来て

中ぐらいのバケツ一杯をのべ竿一本で瞬く間に一杯にして帰っていった。

遠投していた僕は呆気にとられた。

そのころから近遠していた嫁さんにもアタリがきた。

爺さんいわく夕方がよいとのこと。

次があれば満干潮のこともあるが夕方に集中することにしよう。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

安価で簡単電柵