エアー抜きだったの話し

 (20210120)

大寒というのに湯が出ないという。

そういえば年末、ボイラータンクに60㍑給油してからは

残量を見ていなかったのでトラブルの原因は直感できた。

直ぐに灯油を入れ再起動したがボイラーが言うことを聞かなくなった。

さてはゴミを吸ったかとストレーナを見たが燃料が来ない。

大きなゴミが詰まったかと配管の中間をバラしたら

燃料が出てきた。

組立て燃料を送ったらストレーナまで燃料が来るようになった。

エアをかんでいるのをこの時気が付いた。

これだけ農機具のボロに囲まれているのにエアー抜きなんかしたことがなかった。

また賢くなった感じだがストレーナのフィルタは交換した方が良い感じ。

お店で買っていないからネットで頼むしか方法はないが

便利な世の中になったものだ。

年末120㍑の灯油を購入したがボイラーもファンヒータもフル回転で全部使い切った。

凍死してはいけないので買い出しに行くことにした。

昼からどんどん気温が上がったが

家の前は山が影をして日が当たらない。

何もしないのだから家の前の除雪ぐらいしろと

言い残して嫁さんが仕事に出かけたのでしぶしぶ新雪だけは谷川まで

ママさんダンプで運んでいる。

まっ平で舗装がしてあればトラクターの出番だが

波打っていては人力でするしかない。

食っては飲んで寝る生活だからいい運動だと思いたい。

今週末はまた魚釣りだそうだ。

どうも嫁さんはアジ釣りにハマったみたいだ。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

安価で簡単電柵