時化の後だが期待を持とう

 (20210204)

水道が凍るほどではないが寒い朝になった。

綺麗に融けていた家の前も雪化粧になった。

新聞を持ってきてくれた人の足跡と

嫁さんの車の跡だけが残っている。

これでは外作業はやる気がおきないから事務仕事でもしよう。

昼から天気は良くなりそうだから明日の山陰は何とか船が出そう。

ただ冬の時化が続いた後は釣果に恵まれんことが多い。

期待はできんがまぐれあたりもあるから望みは捨てないでおこう。

土日は嫁さんの釣りキチが起きないよう祈ろう。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

コンバイン始動