納竿日は三刀屋の焼き鯖を買う

 (20210207)

3日目は縁結びで有名な出雲大社の横にある大社漁港に行った。

昨日の十六湾から10km位西に行ったところ。

島根半島の左角の付け根あたりになる。

家から90km位。無料高速が使えるから昔に比べてより近くなった。

ここも魚影なし。一匹干し物に良さそうなフグが釣れたが

コロナで忙しい保健所にテトロドトキシン騒ぎを起こしては

申し訳ないので捨てて帰った。

地元の人が散歩に来るが大敷網でも魚は獲れないということだった。

魚はいないのに昼前から漁船が次々と出っていった。

風がおさまったからとりあえず出航するのだろうか猟師に聞いてみないと

わからないことだ。

波止にはルアーマンが入れ替わり立ち代わり20人くらいきたが

釣り上げたのは一人もいなかった。

昔から変わったことはサーフィンをする人が増えた。西寄りの風が吹くと

いい波が来るんだと思う。

ということがあって嫁さんの今シーズンの納竿日は

昨日に続いて収穫なしだった。

来シーズンは12月から2月の波止釣りは瀬戸内海にしようという結論になった。

三刀屋の鯖は国産もあるがノルウェー産の方が脂がのって美味しいと店主が言った。

海に囲まれた日本は本当に魚がいなくなったのかも知れん。

NHKスペシャルによると穀物も危ない。

子孫に農業とイノシシ猟を教える必要があるが

ワシが一人前になることが先決だ。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

コンバイン始動