幸運は続いている

 (20210228)

厳正な抽選で当たった二本目が届いた。

今度は東城の隣りの町の酒屋さんだった。

由来を読むと創業は江戸時代中期というからかなりの老舗だ。

名前は神石町と雷が落ちた由来から神雷(しんらい)と名付けた

というから面白い。

標高が500mと高いから広島県では一番高い酒屋ではなかろうか。

米も八反錦など広島の酒米にごだわっているというから

たまには飲んでみることにしよう。

パンフレットを載せようと思ったがリンクの方が早いから

ここを見てください。

https://jp.sake-times.com/knowledge/description/sake_shinrai_13


コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

安価で簡単電柵