ツバメの便り

 (20210329)

種まきの準備をしていたら籾袋に鳥の糞が落ちていた。

夕方確認したらツバメが巣作りを始めていた。

今年は何もかも早いがツバメも早く来たんだろうか。

今年も車庫にしている通路に嫁さんの愛車が置けなくなった。

糞公害というより猫の餌食になるのを防ぐためだが

ツバメ優先で仕方がない。

それより今年も再会できたことを喜ぼう。

種まきは午後一時きっかりに順調なスタートだったが

一名の減の陣容ではいろいろあって

780枚の種まきの終了は午後5時を過ぎてしまった。

管理不行き届きで種籾を大量に残してしまった。

薄まきになったわけで

下手をすれば今年も減収になってしまう。

例年以上に肥培管理の徹底をすることになりそうだ。

取り合えず今年の一回目の大仕事が済んだからヨシとしよう。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

安価で簡単電柵