大規模崩壊が起きれば災害復旧で

 (20210421)

この忙しい時期にアルバイトに行ってきた。

とは言っても決まった休みのない僕にとっては

作業しない時が休みであって

それに小遣いになるから断ることもなく出かけてきた。

今日の写真は撮らなかったから前日のイノシシ被害が深刻な

山奥の田んぼに行った時の写真を載せる。

昨年稲を刈った後食べ物がないから来ないと思っていたら

斜面を掘って大仕事をしていた。

夏になったらこの斜面はクズの雑草で覆われるから

よい根が育っているのだろう。

ミニバックホーで作業したぐらい掘っている。

この上にも(グーグルで見ると家から南西方向350mのところに自然栽培ほ場)

千坪くらいの田んぼがあり修理した方がよいと思うが

僕らのバックホーではバケットが届かない。

プロなら中段に仮設の作業道をつくり斜面(法面)を修復するだろうが

僕らにはとてもその技術はない。

修理しなくても本体の田んぼまでは崩れそうにないから今年はこのまま耕作する。

大雨で斜面が崩壊すれば公共災害として直すことにしよう。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

安価で簡単電柵