生きがい対策は高くつく

 (20210501)

今シーズン初の田植で操作の仕方を忘れている。

いじっている内に昨年の後半の作業面積が出てきた。

GPS機能がついているから作業した面積がわかるようになっている。

作業時間は18hrだったから368/18で時間当たり約20.5a作業できる。

僕の耕作面積の約半分でこれだから年間50時間は使うことになるなるだろう。

400万円を10年使うとして40万/800aで10a/5千円という計算になる。

反当5千円は稲作コストとしてはそれほど高くは感じないが

トラクター・コンバインと積算していけば恐ろしい金額になる。

新規参入となれば宝くじでも当たらん限り無理みたい。

機械がある内は生きがい対策として頑張ってみよう。

我が家の通路に沢蟹が歩いていた。

猫に見つかれば事件になるので早速保護して水路に放した。

離れた作業小屋でも見かけるが

少しは自然が残っていると感じる。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

安価で簡単電柵

もう一度チャンスをください