ワクチンの夜はなめるように飲む

 (20210526)

ワクチンを打ったら深酒はするなということだから

なめるように飲む酒を探した。

山田錦の陰ではあるが白牡丹の広島八反を見つけた。

僕の主力である八反35号を使った吟醸酒である。

普段飲んでいる酒に比べて2.5倍はするので

冷でなめるように飲んだ。

ラベルを見ると八反35号100%、精米歩合50%と書いてある。

味音痴にはようわからんかったが時々はこんな感じで飲むのもいいなと思った。

コロナ禍で酒米も大打撃を受け生産調整の時代に入った。

特に35号は厳しい。3割減が目標だが僕は平均の農家より

収量が少ないことやイノシシ被害のこともあり目標を少し下げてもらった。

面積があまり減らない分は35号を減にして八反錦1号という品種に

切り替えるということになった。

錦1号は35号に比べて値段が落ちるから実質的には生産調整に

協力した格好になったと思う。

ワクチンを受ける前に線香苗の35号の田植は済ませた。

残りは錦1号、田んぼにして8枚、面積で約1.6haになった。

田植だけなら3日あれば余裕で済む計算だ。

そんなことを考えていると電話がかかった。

非常事態宣言を受けて供養田植は中止ということだった。

関係者に陽性はまだ出てはいないが濃厚まではいかない接触者が

沢山出て検査中ということだった。

マスクをしての田植は絵にならんから仕方のないことだろう。

来年はできることを期待しよう。 

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

コンバイン始動