中止になってよかったこともある

 (20210531)

田んぼの神さんが供養花田植で降臨される予定だったところに代掻きに来た。

ここが今シーズン最後の代掻き、5月末の区切りということになった。

田植が6月13日まで延期になって線香苗をどうやって管理しようか

悩んでいたが中止になって一安心した。

田んぼの神様ありがとう。、

来年は上手に作りますから

コロナ禍が終息して供養花田植ができますように。

良い天気が続く。今日の田植は40aほどだったが

夕方にかけてしたから水面からの照り返しが物凄くて日に焼けた。

ジリジリと顔が焼けるようでBQの網の上のような感じだった。

この田んぼも水が多いから明日の田植は無理みたい。

農機具の修理が溜まっているから

それを先にやることにする。

ドローンも修理に出すことになった。

粒剤散布は初めて動かして不動だからクレームになるのだろうと思う。

高い機械だが農薬散布に関するところはちゃちに作ってある。

その辺は日本製に軍配が上がる。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

安価で簡単電柵