明治は羽振りがよかったのか

 (20210610)

草刈の鋸刃があるのを思い出した。

笹のあるところをチップソーで難儀をしたので買ったものだ。

鋸刃だから細い木でもぶった切ることができるが

石に当たるとひとたまりもなく切れなくなる。

大昔はすべてこれだったから

よく辛抱したものだと思う。

嫁さんが家の掃除をしていて変なものを神棚の裏から見つけた。

明治時代の借用証書やら土地の売買契約書、更には

旅行届とか税務署の所得証明等々。

字がさっぱり読めんけど先祖は土地取引をしている。

そういえば墓石に山林と畑をお寺に寄進したと書いてある。

米なんとか借用書もあってマエガキ殿となっているから

貸していたみたい。

識字率が低かったのだろう代筆者のところもある。

何が何だかわからん。燃やしてしまおう。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

コンバイン始動