草かと思えばハナだった

(20210628) 

勇んでアナゴ釣りに広島まで出掛けたが

まったくの当たりなし。餌も取られんかった。

投げ釣りとはこんなに面白くないのかと思った。

日が沈んで満潮に向かう潮なのに流れが左右に何度も変わった。

宮島と大野の水道だからゴミもたくさん行ったり来たりする。

魚も住んでおられんということだろう。

嫁さんはもっぱらライトを明かして読書やら車のご睡眠で

休日を楽しんでおられた様子だった。

写真はネジリハナ(ネジハナ)。

僕はまったく知らなかったけど嫁さんいわく最近見なくなった雑草だそうだ。

国道横の広島日立建機の片隅の空き地にびっしり生えていた。

名のとおり花が茎に沿ってらせん状に巻いている。

眼鏡をかけて顔を近づけようやく巻くようについた小さな花が見える。

上に登るなら左巻きだ。

遠くから見ると線香のような雑草にしか見えない。

魚はゼロだけど雑草の名前は一つ覚えた。

雑草だから持って帰り増やそうと思えばできるだろうが

比和の地では定着する前に他の雑草に負けるだろうから

失敬するのは止めておこう。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

安価で簡単電柵