これ以上やることはない

(20210904) 

朝早く電話が鳴った。

イノシシが田んぼから出られなくなって暴れているということだった。

行って見ると柵のあちらこちらに出ようとした跡がある。

草むらの中に居るということだったので

鉄砲隊を招集、追い出して仕留める作戦だったが

空振りに終わった。

検証の結局電話をしている間に

写真の所から飛び出したということになった。

この場所の右下は急な斜面で護岸まで柵がしてある。

柵の行き止まりのところで柵が交差して強度もあるので

僕が柵を点検して登ってきて柵をまたいで道路に出る所を利用したようだ。

今までなかった泥足の跡が柵の上までくっきりついているから間違いない。

ここは斜面が急だから出ることはあっても飛び込むことはしないと思う。

入ってもブレーキが利かないから5mほど転げて護岸から川に転落することは

イノシシでも判断できるのだろう。

結局出られないほど柵は強化したが飛び込んで入ったところがあるということ。

飛び込んで入ったところは特定して柵を強化した。

ついでに罠もしておいた。

今回の罠はよさそうな感じ。バレないよう祈ろう。

コメント

このブログの人気の投稿

くず米選別

ウンカは養分を吸い取る

安価で簡単電柵