キクイモはまだ早すぎのよう

 (20211025)

キクイモの葉が枯れてきたから食べごろになったんだろうと掘ってみた。

皮を剥くとイモという割にはジューシーに見えた。

食べてみると生臭いような水ぽい感じで美味くない。

本来美味しいというような食い物でないが

もう少し待って天日干しをしたらサプリの代わりぐらいにはなりそう。

電柵の外側にありイノシシが稲を狙うようにくれば全滅の危機だが

まったくその心配がない。

昨年は少しは荒らしに入ったが全く被害が無かったというぐらい

収穫できた。

イノシシは食べ物として認識していないのではなかろうか。

近くのナメコも不作だから味噌汁一回分くらいしか採れなかった。

残りもこれぐらいだからこの先楽しみが少ない感じ。

寒いので本格化してもよいのだが

これでは神辺に米の配達に行くのに土産がない。

袋キーパーという計量する時に使うものがある。

恐らく持っていないだろうからこれを土産にしよう。

コメント

このブログの人気の投稿

安価で簡単電柵

「百試千改」という言葉

ブロードキャスター修理