酒米最終検査

 (20211026)

今シーズン最後の酒米「八反」の出荷をした。

作業小屋のパレットは直接自走したが家に保管したパレットは

トラックに積んで行った。

重量にして2.5t、積載能力2倍以内だからヨシとしよう。

普段はJAの職員だけの検査を受けるが

今日はどういうわけか知らんが検査の終り頃全農の検査員が来た。

他の農家の検査は全部済んでいて僕の米は普段より

厳重に検査された感じ。

残留農薬のサンプルも採るというような声も聞かれたから

抜き打ちの検査だったのかも知れん。

恐らく色選機を使った奇麗な米だからJAの職員が僕の米に誘導したんだろうと思う。

午前中に済んだから午後は神辺にコシを配達に行った。

帰りには久しぶりのワークマンでお買い物。

駐車場が狭いので車を止めるのに順番待ちをした。

釣り用の防寒着の良いのがあったがまだ暖かいから買うのは次の機会にした。

八反を出荷したから八反で造った酒を買ってきた。

商品棚を見ると山田錦を使ったものもあるが賀茂鶴に並んで

この酒が高い方に並んでいた。

契約栽培みたいなものだからたまには買って帰ることにしよう。

酒米応援企画でこの銘柄が載っていないのはおかしい。

八反は酒米の中では少数派だからだろうか。

どういう基準で選んだか問い合わせてみよう。

コメント

このブログの人気の投稿

安価で簡単電柵

「百試千改」という言葉

ブロードキャスター修理