最後のひと踏ん張り

 (20211123)

寒くて何もやる気が起きない。

作業小屋の整理でもしようかと行って見たがコンバインのバッテリーが

弱くてエンジンがかからない。

昔のエンジンならグローして回りさえすればかかっていた。

何度も失敗したからバッテリーが臨終前になってしまった。

昨年すでに弱っていたがサルフェーションを溶かすというものが

アマゾンにあったので買って付けておいた。確か2千円だった。

今シーズン充電して作業始めたら最後まで働いたけど

一ヶ月経ったら弱くなっている。

限界が近づいたのだろうと思うがもう一度充電してみよう。

雪が降るまでにはクローラーの泥を落として整備をしなければならん。

整備が済んだら電柵のソーラーパネルで補充電するようにして

もう一年辛抱できれば一万円が節約できる。

コメント

このブログの人気の投稿

安価で簡単電柵

「百試千改」という言葉

ブロードキャスター修理