寒くなくて釣り日和だった

 (20211211)

嫁さんは大きなテトラの奥にある大浦漁協(島根県大田市)の

小さな波止でアジ釣りをしてる。

後で聞いたのだが初めから入れ食い状態だったとのこと。

僕は湾の入り口の沖の防波堤から竿を出してこの写真を撮った。

いつものように僕は何も釣れなかった。

沖波止は午後から上がったので釣り人は3人ほどいたが

何も釣れていなかった。

船頭の言葉で「時々大物が出る」が虚しく聞こえた。

この後僕もアジ釣りに参加してクーラー一杯になった。

小アジの釣れ過ぎは後処理が大変だから

ほどほどにが合言葉だったはずであるが

餌が無くなるまで釣ってしまった。次は餌を少なめにしようと思う。

波止ではどこからともなくアジをくれと猫が近づいてくる。

覚えているだけで5匹が入れ替わり投げたアジを持って行った。

体格がいいのはすばしっこくて3匹くらい食べたような気がする。

弱い猫はアジを投げると横取りされるので特別待遇をしてやった。

舞鶴港で爺さんが釣っていたアジより山陰や瀬戸内海の方が

だいぶ大きい気がする。

配るのが大変だから次は処理できる範囲内で釣ることにしよう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

安価で簡単電柵

きめつのやいば