小規模稲作の体制が整った

(20211223) 

屋根と壁が完成した。

コンクリートを打った時点から言うと4年がかかった。

初めは作業場の駐車場ぐらいに考えてコンクリートを

打ってもらったが広い平面ができる

と作業小屋と乾燥機を増設したくなった。

耕作面積も拡大していて手狭になっていたこともある。

完成までにいくらかかったかは資産台帳を作ってみないと

わからんが4年間で二百万というところか。

リタイヤまでに償却できる金額の範囲内には収まったと思う。

稲作に必要な機械と作業場はすべて整った。

作業場は家から離れて点在しているという難点はあるが

土地の面から仕方のないことだ。

来年からの稲作は今の規模で行けば

余裕で取り組めることになった。

何もないことを祈ろう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

カケゼリ