教えを乞うてもいいかもしれん

 (20211228)


先日の話だけど食味分析鑑定コンクールの結果が送られてきた。

比和から5人エントリーしたけど僕の結果は第4位。

80点に及ばず予選敗退となった。

整粒値75点以上、食味値80点以上でないと本選に上がれない。

下の手書き数値がサタケの結果。

やや良の77点でゴールドにギリ入ったから

数値はよく似ているけれど測定機械が違うので

評価に差が出る。

左から整粒値・水分・タンパク・アミロース・脂肪酸の順。

整粒値と脂肪酸が特に目立って悪い。

このコンクールでは90点以上がザラにいる。

最高の金賞19点には庄原市の隣になる鳥取県の日南町、

一番近い島根県奥出雲町(仁多米は常連)が入っている。

日南町はgoogleのローカルニュースに載っていたので知ったのだが

届いた一覧表を見て仁多米も入っていた。

日南町の人は初入賞らしいから栽培方法の教を乞うてもいいかもしれん。

西城越しの峠はスキー場があるくらいだから

雪が落ち着いたら連絡してみよう。

マップで見たら吾妻山越えの奥出雲経由なら60kmしかない。

少し大回りになるが国道432経由で行くことにしよう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

カケゼリ