知らぬ間にいろんなことが起きていた

 (20211202)

電柵の回収を始めた。

パネルがあるから現役のままのバッテリーがあるかと思えば

死んだバッテリーもある。

廃棄寸前で一ケ月も働いてくれればいいと思っていたから

諦めもつく。

廃棄バッテリーは金になるのか中国の業者が喜んで持って帰る。

屋根のトタン張りの見積をとったら去年とは1割以上値上がりしていた。

コロナの影響だろうと思うが食品も値上げラッシュが続いている。

世の中に変化が起きているんだろう。

ユニットは半分を回収したが電線の回収は残ったままだ。

前ががみでリールをまくから腰にくる。

腰の様子を伺いながら慎重に作業を進めよう。

久しぶりに遠くの田んぼに行って見たらイノシシが穴を掘っていた。

田んぼの入り口は稲刈りのために開放したままなのに

わざわざ土手を掘り返して入っている。

傾斜のある軟らかい地盤はイノシシにとって

何の障害にもならない見本のような穴の掘り方だ。

暇な今の内に穴は塞いで外側にはメッシュを敷いて

穴堀のきっかけができないようにしておこう。

一台のドライブユニットが水没で死んでいた。

稲刈りに入る前電源を落としたのだが

クリヤケースの蓋のロックをしていなかったようだ。

重しに載せていたパネルが吹き飛ばされてケースに雨水が入っていた。

一部水没なら部品交換で済むだろうが完全水没だから

バッテリーに続いてこれも廃棄することにしよう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

カケゼリ