鹿の被害も現実のものとなるのだろう

 (20211212)

アジの処理も終わり一段落している。

僕は配達で調理は嫁さんが担当する。

ヤフオクで落札のあったパックメイトの受け渡しも済ませた。

兵庫県から中国道を通って軽トラできたというから驚いた。

僕も中古の乾燥機を福井まで取りに行ったから驚くほどの事もないか。

実は釣りから帰る時大きな鹿と出会った。

道路を渡っていれば確実に事故っていた。

場所は比和川の下流の濁川というところ。

出会ったところから10分もすれば家につく位置にある。

道路を渡った先はガードレールでその先は高い護岸で川に落ちる構造だから

鹿は渡らなかった。

イノシシと衝突して廃車になったというのはよくあるお話。

僕の周りではイノシシに続いて鹿も気を付けないといけない時代になった。

レコーダーを外してみてわかったことだが買った時のまま

レンズに貼ってあるシールを剥がしていなかった。

剥がしていればもっと綺麗に映ったかも。

動画最後の方の左側に一瞬に映っている。

田舎の夜道を走る人は車も人もいないが動物には注意が必要になってきた。





コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

カケゼリ