酒米に大ブレーキ

 (20220110)

天気はいいけど内業をして今年の作付け計画を考えている。

機械の整備を1mmでも進めないといけないが

日陰に入ると寒いのでやる気が起きない。

今年の酒米(八反35号)はゼロにしてくれということになったらしい。

昨年の作付けはコロナの影響で対前年の50%だったけど

それでも大幅に売れ残ったらしい。

これを期に比和町の八反35号の火が消えるのは寂しいので

できることなら

少し栽培面積を残させてもらうことにしよう。

全農からの指示は八反錦という品種は微増してもよいという

ことだから酒米の火がここでお終いということにはならんだろう。

米余りの厳しい時代になった。山はどうにもならんから

家の周りの田んぼだけを残して処分するのも選択肢の一つとして

考えておこう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

安価で簡単電柵

きめつのやいば