寒くて作業にならん

 (20220117)

炬燵の守ばかりしていられないので

コンバインの刈刃(バリカン)を換えることにした。

刃は細長い板にリベットで止めてあるから痛んだ刃の所だけ

換えれるようになっている。

初代から数えて4台目のコンバインを使ているが

今のコンバインになるまで刃が欠けるようなことはなかった。

それほど今の田んぼがボロでイノシシの被害がひどいことがわかる。

反時計回りで田んぼを回るからイノシシが畔から転がした石を写真右側の刃が

刈ってしまうのでこういう状態になる。

you tubeを見ていたら交換作業の動画が載っていて簡単そうなので

挑戦することにした。

リベットの取り外しはサンダーで切るのだが

取り付けにはハンマーで叩くので金床がいる。

置いているところでは作業ができないので動かそうとしたら重たい。

一体何㎏あるんだろうか、以前はジャマになる時は何とか持ち上げて動かしていた。

腰というか背筋が弱っているのだと思う。

しかたなくトラクターのバケットに引きずり込んで移動した。

やれ作業開始と思ったら風が吹いて寒くてやっとれん。

明日ホッカイロでも貼ってから思いつくことにしよう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

鹿の被害も現実のものとなるのだろう