明日は静かにしていよう

(20220129) 

やっぱり釣り行こうということで大社漁港(出雲)の波止へ。

まず第一投で食えそうなフグが来た。

「てっぽう」に当たってはいけないのでお帰り願った。

その後本命のメバルが来たが小さい。

棚が深いのかカサゴもたくさん釣れたけど小さいものばかりだった。

仕方なく持って帰ることにしたけど沢山の味噌汁ができそう。

大社漁港という大きな波止だけど水深も浅くて場所選びを間違ったみたい。

真後ろの町が大社町で山裾の向こう側が出雲大社のあるところ。

右に広がるのが大社湾。

10月だっけ、全国の神さんが後ろに見える稲佐の浜に上陸される。

広くて高い湾向きの防波堤は嫁さんだけ。

他の釣り人は背後に低くて横に広がる波止に数人見える。

砂地だから投げの人ばかりのようだった。

比較的暖かい日だったけど北西の風が吹いて冷え切った。

ここで過去に一度イカが一パイほど釣れたことがある。

要領はわかっているから

今度は風のない日の夜にイカでも狙おう。

感染者ウオッチは三次29、庄原6、神石15。

人口で言えば神石は大変な事になった。

他人ごとではない明日は静かにしていよう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

コンバインの刈り取り能力

くず米選別