鋤からロータリーへ

 (20220413)

鋤を普通のロータリーに換えることにした。

田んぼの中は高速で耕せるけど鋤が

一定の深さまで入るのに5mくらいの距離が必要。

そのため田んぼの外周を後でロータリーで耕す。

ヨットのオジサンが来てだいぶやてくれたけど大変だったらしい。

田んぼは連日の乾燥で硬いし、

鋤で耕した跡が凸凹でトラクターの乗り心地が

非常に悪かったみたい。

土埃は上がるしトラクターは真っ白になっていた。

この後鋤を外してロータリを付けたけど

毎年の事でロータリーのシャフトの取り付けに難儀をした。

終盤フット良い方法を思いついた。

書くと難しいから説明は省略するけどまた一つ賢くなった。

明日から雨が降る。土が軟らかくなり土埃もなくなる。

全力でロータリーの田起し(僕らは荒起しと言っている)を

済ませることにしよう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

鹿の被害も現実のものとなるのだろう