苗の失敗はなんとかなりそう

 (20220414)

4月2日の種まきから12日が経った。

暖かい日が続いて苗の伸びは順調だ。

不ぞろいな苗は手前に並べて別にシートをかけ養生していたけど

効果はあまりなかった。

発芽機に入れた苗箱の下積みに不ぞろいが多い。

地温が上がらないことが原因だと思うが

今年は特にひどい。

4月6日に上のハウスの苗を出して並べ、次の発芽機に入れた苗は

10日に出して2番目のハウスに並べている。

こちらはどう言う訳か知らんがわりとよくそろっている。

種まきは同じ4月2日だから発芽機に入れるまでの低温の4日間の

何かが影響していることは確かだ。

ただ下積みの不良は10枚くらいあったけど

真ん中の黄色いのは遅れても追いついてくるだろう。

ここに写っていない不良が3枚あるから

このハウスの失敗作は実質5枚程度だろう。

今回の苗の失敗は合わせて20枚程度なら何とかやりくりできそう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

鹿の被害も現実のものとなるのだろう