恒例の水路掃除

 (20220404)

恒例行事の水路掃除を始めた。

入口から大きな石、次第に小さい石になり

10mくらいで砂の層、砂だけの層が続き、次に砂と土の層、

最後に黒い軟らかい土になる。

まるで土の成分を溶かして重い順に並べたように溜まっている。

全体で50mは掃除するのでバックホーがないと

どーにもならん。人間の力でやるとなると

気の遠くなる春の作業だ。

明日はバックホーの使えない水路の掃除がある。

一人ではないけれど気が重い。

ヌートリアの巣がある。柵の下に穴を開けて田んぼに行く

獣道ができている。

ヌートリアはいなかったけど大きなサンショウウオがいた。

傷は付けなかったから良かった。

イノシシが柵を壊しているところもある。

夏までには修理をしておこう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

くず米選別

鹿の被害も現実のものとなるのだろう