田植は結構歩くことが分かった

 (20220511)

苗箱を発芽機から出してハウスに広げている。


猫が暇をつぶしに来た。

箱の上を歩かんのでヨシとしよう。

終わりごろにはリフトの椅子でお休みになった。

広げ終わったのでこの上に保温シートを張り完成させる。

シートは徐々に緑化するための遮光の意味もある。

手前右側は一番底の箱で発芽が悪い。

シートを二重にして集中治療する。

入れ替わりに発芽機に入れる箱は普通のシートを張って外に置いといたのだが

4月に比べ外気温が高いのですでに芽が出かけている。

普段より発芽が早まるから金曜日の夜には

点検をしないといけないだろう。


箱を並べる作業は結構きつかったが歩数は5千歩。



それよりコシヒカリの田植と作業請負の日の方が多かった。

そんなに歩いたとは思わんがいい運動になっている。

久しぶりに体重計に乗ってみよう。

コメント

このブログの人気の投稿

「百試千改」という言葉

コンバインの刈り取り能力

くず米選別